FC2ブログ
2019/10/30

☆風邪が流行する前に、予防策を再確認♪


暑い夏もやっと終わりが見えてきて、ようやく秋めいてきましたね♪



寒くなると、やはり気になるのが「風邪」です。



今回は、風邪を引かないための予防策について再確認したいと思います♪























「風邪」とはのどの痛みや、鼻水、咳、発熱などを伴う症状をさし、



正式な病名ではありません。



(正式な病名は、風邪症候群、感冒急性上気道炎などと言います。)



その原因は主に「ウィルス」。



上記のような症状を引き起こす種類のウィルスは数百種類も存在するそうです。







インフルエンザなど重篤な症状を引き起こすものは別として、



風邪の場合、症状を緩和する対処療法しか存在しないそうです。



そのため、風邪かも?と病院へ行くと、「のどは?」「鼻水は?」「咳は?」



「熱を測りましょう」と言われるんですよね。



ですので、まずは、のど・鼻水・咳の状態を把握し、熱があるかどうか調べて、



辛い症状を抑える薬を飲む、ことになります。







ウィルスによって風邪を引くので、ウィルスにかからないようにすれば、



風邪は怖くありません。



その予防策が「手洗い」「うがい」「マスク」の3点です。



一番大切なのが「手洗い」です。



普段から色々なものに触れ、その触れた手で口や鼻などをさわれば、



当然その「手」を介してウィルスが体内に侵入します。



そのため、外から帰ってきたとき、食事の前など、手洗いをこまめにすることが



とても重要になります。



次に「うがい」。



うがいはのどの粘膜についたウィルスを洗い流してくれます。



手洗いのついでにうがいをすることを習慣づけると良いですね。



水うがいでも洗浄効果はありますから、まずはやってみることが大切です。



最後に「マスク」。



人が多く集まる場所にはウィルスも多いので、したほうがいいですよね。



またマスクをしていると鼻や口を直接触ることが減ると言う効果もあります。







もし、風邪にかかってしまったら、症状を見極めて薬を処方してもらいながら、



「消化に良い食事をとる」「睡眠をとるようにする」「水分補給」



「乾燥を防いで加湿する」など身体をケアすることも忘れずに







風邪の基本症状の多くは、おおよそ1週間程度で治ると言われています。



もし長引くようでしたら、別の感染症を引き起こしている可能性もありますので、



早めに医療機関へ受診するようにしましょう

















人柄マッチングの転職支援サービス おむすびドットコムの



LINE@です♪





友だち追加









LINE@でも



無料転職相談を受け付けています。





お気軽にどうぞよろしくお願いします
























看護師.omusub.com














介護.omusub.com














保育士.omusub.com
























スポンサーサイト



2019/10/09

☆ネット依存は若者だけではない!中高年層に広がるその恐怖とは・・・


”ネット依存症”という言葉が世間に広がってきたのは1997年頃と言われます。



ネットに依存するあまり引きこもり生活を送ったり、対人恐怖症などを示して



しまうのは子供や若者のような若年層の印象が強いですが、



実は中高年層にも広がりつつあり、深刻な問題とされています。



今回は、中高年層に広がるネット依存症について見ていきたいと思います。























若年層に広がるネット依存症は、ゲームやSNSに依存するあまり



家に引きこもって外部との接触を絶ってしまう状態と言われています。



中高年層の場合は、ネットの使いすぎで仕事が手につかなくなり、



自己破産に陥るまで生活を壊してしまうケースが見受けられます。



中高年層はスマホの利用時間や課金を制限してくれる人がいないので、



際限なくスマホにのめりこんでしまうことができてしまうのが怖いですね。







最近では、ネット依存症を専門的に扱う病院も増えてきているのですが、



中高年層の来院数はほんの一部で、最悪の事態になるまで受診されない



ことが多いそうです。







少しでもネット依存なのでは?と思い当たる場合は、


・ネットの利用時間、スマホを触る時間を減らす



・家族や友人と過ごす時間を増やすなど「ネット以外に楽しいことを見つける」



・家族も協力してネットの利用を控える



など、「ネットを使わないことに慣れる」ようにしましょう。



一人ではなかなか難しいので、家族や周りの人に協力してもらうことが大切ですね。







もしも、以下のような状態になっていたら、



早めに専門の医療機関へ受診されることをお勧めします。





・ネットの利用が生活の最優先事項になっている



・スマホが手放せない



・ネットの課金をコントロールできない



・ネット以外の関心が低い







ネットの活用はとても便利で、何かにつけて”検索”できる世の中になりましたが、



中高年層が一度依存してしまうと、



周りで止めてくれる人がいないと生活を壊しかねないので、非常に深刻な問題です。



一人で抱え込まないで、家族や友人に相談したり、早めに医療機関に受診して、



ネットと程よく共存できる状態を保ちたいものですね

















人柄マッチングの転職支援サービス おむすびドットコムの



LINE@です♪






友だち追加








LINE@でも



無料転職相談を受け付けています。





お気軽にどうぞよろしくお願いします♪
























看護師.omusub.com














介護.omusub.com














保育士.omusub.com

























2019/10/02

☆「血管」をいつまでも若々しく保つ方法をご紹介♪


”不老不死”とはいきませんが、



いくつになっても、心も身体も若々しく健康でいたい、



というのは永遠のテーマではないでしょうか。



健康を保つために何かしら意識していることがあるかと思いますが、



今回は「血管」にクローズアップしたいと思います♪























「血管」は文字の通り、血液の管(くだ)、



血液が流れるホースの役目をしています。



同じホースを何十年も使っていればボロボロになるのは当たり前、



すなわち血管は年齢と共に衰えていくもの、



これは仕方がないことに見えるかもしれませんが、



実は、血管は年齢ではなく、乱れた食生活で衰えるものだそうです。



血管を若々しく保つためには、



血管をしなやかな状態に保ち、血液をサラサラの状態にしておくことが大切です。



そのために注目すべきが、「塩分」「コレステロール」「血糖値」の3つです。



まず、塩分を取りすぎると、血圧を上げ、血管を硬くしてしまいます。



そのため、低塩分の食生活を心がけましょう。







次に、コレステロールの中で、善玉コレステロールを増やす食事



(納豆、ねぎ、お茶、きのこ類、トマトなど)を摂取するようにしましょう。



善玉であるHDLコレステロールは、



動脈の中で余ったコレステロールを回収して肝臓に運ぶ働きをします。



HDLコレステロールが十分にあれば、動脈硬化の原因となる



プラークの形成を防ぐことができます。







最後に、高血糖にならないために、糖分の取りすぎに注意しましょう。



50歳を過ぎたら、ご飯やパンなどの炭水化物は控え、



穀物は糖度の低いもの(玄米、大麦、ライ麦パンなど)にして、



野菜を先に食べるなどの工夫をしましょう。







血管の老化は、心筋梗塞や脳梗塞などの循環器系の病気へのリスクを



下げるだけでなく、肌のハリ・ツヤなどの見た目にも影響を及ぼします。



毎日の食生活を改善して、身体の内側・外側から若々しさを保つように



したいですね♪





















人柄マッチングの転職支援サービス おむすびドットコムの



LINE@です♪






友だち追加








LINE@でも



無料転職相談を受け付けています。





お気軽にどうぞよろしくお願いします
























看護師.omusub.com















介護.omusub.com














保育士.omusub.com















2019/09/11

☆季節の変わり目に感じる身体の不調、それは”気象病”かも


季節の変わり目になると、頭が痛くなったり、めまいを感じたり・・・



身体の不調を感じることはありませんか。



気候の変化で不調を感じたら、それは”気象病”かもしれません。



今回は、この”気象病”についてお話します。























気象病は、気候の変化で不調を感じる症状を総称したものです。



具体的には、めまいや肩こり、イライラなど気分が不安定になったり、



片頭痛や関節の痛みなど多岐に及びます。







気象病の原因は、気圧や気温、湿度の変化により起こるもので、



中でも気圧の影響は大きい、と言われています。



特に自律神経が乱れがちな方は



内耳からくる情報と視覚からくる情報が不一致することで、



脳が混乱を招き、交感神経が興奮して、めまいを引き起こします。







また、もともと片頭痛の症状を抱えている方などは、



気圧の変化により交感神経が興奮し、収縮した血管がその反動で拡張、



痛み神経が刺激されて、さらに片頭痛を悪化させることがあります。





こうしためまいや片頭痛には、



内耳の血流を改善し、内耳神経の興奮を抑える働きがある



「酔い止め薬」が効果的と言われています。



また、自律神経の乱れを改善するために、



普段より適度に身体を動かし、十分な睡眠を取るような生活習慣を



心がけるようにしましょう。





気象病は慢性化しやすいため、普段から天気の変化と自分の体調の変化が



どう関係しておくかを把握しておくことが大切でしょう。



日記などをつけておくと、天気予報と照らし合わせて、



薬を服用したり、予定を変更したりと事前に対処しやすいですね
























看護師.omusub.com














介護.omusub.com














保育士.omusub.com













人柄マッチングの転職支援サービス おむすびドットコムの



LINE@です♪


友だち追加




LINE@でも



無料転職相談を受け付けています。





お気軽にどうぞよろしくお願いします♪














































































2019/09/04

☆夏の日焼け、タイプ別のダメージとケア方法をご紹介♪


海や山などアウトドアで夏を満喫されましたか?



そうなると、気になるのが肌の日焼け。



日焼けは、真っ赤になるけど黒くはならずに元に戻る方、



どんどん黒くなる方、と焼け方が分かれます。



今回は、日焼けでの焼け方タイプ別の肌へのダメージと



ケア方法についてお話します。









<
















まず、自分の肌本来の色が何色であるかを把握しましょう。



それには、ご自身の「お尻」の肌の色を見ると良いです。



お尻は日頃、日光に当たらないので、その人の本来の皮膚の色を表しています。





「白色」の人は・・・



メラニンの合成量が少ないので、日に当たると皮膚はすぐに赤くなり、



黒くならないので、日焼けによる肌のダメージは大きいです。





「黒色」の人は・・・



メラニンの合成量が多いので、日に当たると黒くなり、



日焼けによる肌のダメージは受けにくいです。





「黄色」の人は・・・



「白色」と「黒色」の中間にあたり、



日焼けにより、最初肌が赤くなって、その後黒くなります。



同じ「黄色」でも色白の方は赤くなる傾向が強く、



色黒の方はあまり赤くならずに黒く焼ける傾向が強い、と



反応に差があります。









そもそも、日焼けは肌の「やけど」です。



ですから、日焼けしたときのケアは「やけど」と同じと考えると良いでしょう。



ヒリヒリし始めたら、肌がダメージを受けているサインと捉え、



すぐに冷やしましょう。



冷たい水を流し続けたり、氷を当てるなど早めに処置することが大切です。





水ぶくれができたら、通常皮膚に穴を開けて水を出しますが、



これは自分で安易に行わず、皮膚科などでやってもらうことをおすすめします。





ひどい日焼けで痛みを伴う場合は、応急処置として非ステロイド系の鎮痛剤を



飲むと炎症や痛みが抑えられることがあります。



しかし、あくまで応急処置なので、なるべく早く医療機関を受診してください。


































看護師.omusub.com















介護.omusub.com














保育士.omusub.com














人柄マッチングの転職支援サービス おむすびドットコムの



LINE@です♪



友だち追加




LINE@でも



無料転職相談を受け付けています。





お気軽にどうぞよろしくお願いします♪